07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お店のこと

ちびヒサ

Author:ちびヒサ
ヘアーサロンヒサ
徳島県徳島市下町本丁119-2
(上八万中学校向かい)
営業時間:
am8:30~pm7:30
定休日:
毎週月曜日、第2・3火曜日
バスでお越し下さる方はこちら。

アクセスカウント

営業日カレンダー

が定休日です。

2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2015年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2015年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が定休日です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出羽島

2013.05.19 12:46|日々のこと
ヘアーサロンヒサのブログへようこそありがとうございます。



南の方、行ってみたいという師匠。



そう言えば、県南部はしばらくぶりでした。



Facebookでオススメの場所を聞いてみたところ、



四国右下↑(あがり)っちゅう県南部観光サイト、
伊座利カフェ、
出羽島

とコメントくださいました。



お心優しいみなさまありがとうございます。



こういうときのFacebookはとても役に立ちますね。



特にこちらのコメント、
『牟岐町に出羽島(でばじま)という島があります。定期連絡船があります。
3月までアート展があってたくさんの人でにぎわっていましたが、
今また静かな島にもどっています。
時間がゆっくり流れる島です。ぜひ、お越しください(*^^*)』



ずっと前から行きたかった出羽島。



ようやく背中を押してくれました。



ちびヒサの『出羽島』をこれよりお送りします。



晴れた休みの日、うちから車で2時間走らせ、牟岐港へ。



島にはカフェなんぞないということで、途中コンビニで昼ごはんを調達。



定期連絡船に乗り込み、いざ出羽島へ
牟岐~出羽島20分で220円。(期間よって変わるので、事前に確認を)
切符は回数券以外はなく、船内で集めてくれます。




釣りやピクニックに行くであろうファミリーや島の方や大量の荷物などなどで満員御礼でした。




船内にあった牟岐の本。



方言とやらが書かれてあります。



こちらは、船内の椅子に貼られてあった出羽島マップ。

欲しかったのだけど、持ち帰り用のはなくて残念。


船内でそんなこんな感じで漁ってると、あっという間に出羽島に到着。





出羽島には京都から移住してきたカバン職人が
カバンを作ってるっていう話をローカル番組で知ったので、



降りてすぐ、船員さんに聞くと、



『あ~!こないだから島を出ておらんよ。』と。
ガーーーーン。事前に確認すれば良かったのは言うまでもない。



どっか置かせてもらってるとこないですか?とそれでも引き下がらない私。



『あ~、なんかな酒屋さんにあるっていよったわ!
わからんけど、いってみて。すぐそこやけん。』と。



で、言われた方向へ歩き進むと、

まず、出羽神社。




またてくてく行くと、



島のおじさんとおばあちゃんが井戸端会議してるのを発見!

そこで、酒屋さんどこですか?って聞けばよかったのに、
元気よく挨拶してそのまま素通り。



あとでわかったのだけど、酒屋さんはおばあちゃんたちが座ってた前にあったのでした。
チャンチャン



酒屋さんないなぁ。とそのまま職人さん不在のカバン屋さんを目指す。



途中、



不思議な異空間?に吸い込まれそうになる景色。




真っ黒い蚊!



ちっちゃい小窓は郵便受け?



私の日常にないものがあって、なんだろうなんだろう?思いながら進むと、



カバン屋さんみっけ!



しっかり(ちょっちわかりにくい?「close」の看板ありました。



まぁ、またの機会にと開き直り、
島の遊歩道の看板どおり進んで灯台(島のてっぺん)へ。



キレイに整備されている遊歩道は山道になってますが、時々海につながる道があります。

ほんとに海が大好きな師匠でし。



時間をあまり気にせず、ゆっくりと歩いたので、
どのくらいかかったのかはわからないのですが、



ようやく灯台に。

天気に恵まれ、四国山脈を眺望できました。




灯台のそばでお昼をしているとすごい大きな音が。
ヘリコプターより強い音。
けど、どこを見渡しても何も見えない。



あとで聞けば、オ◯プレイなのだと。すごっ!
実物を見てみたかった。。。



お昼を終え、港の西側に降りて、またカバンを置いてる酒屋さん探しをスタート。



散歩してる島のおじさんが『カバン探しよるん?』と声かけてくれ、
酒屋さんまで案内してくださいました。



島の人、めっちゃやさしいですぅ~。



さっき素通りした酒屋さん。

ちゃんと帆布カバン展示の看板ありますわ。



酒屋のおじさん、とっても陽気な人なので、盛り上がっちゃいました~。




酒屋のおじさんとハイチーズ。



酒屋さんへの目印は、コレ。

3月までのアート展に飾られてた縫いぐるみ。



酒屋のおじさんの話によると、アート展楽しかった。と。
静かな島が賑やかになったそうです。



島には自動車がありません。
島の人々の生活に不可欠なネコ車(手押し車)。

水色に染められたオサレなネコ車。




島の人々の生活に溶け込んでる帆布かばん。




斬新的な?雨戸。



使い方は、

カッコいいです!



診療所や簡易郵便局はあるものの、
カフェとか食事できるところはなくて、



鳥の鳴き声、波の音、潮の香り、目に優しい緑々とした木々に
囲まれた島の中でいた時間は、ほんとにゆ~~~っくりで、癒されます。



帰りの船は、行きのときにご一緒だった人たちや里帰りした人たちでまた満員御礼。



船が島を出ると、島唯一の民宿のご主人さんが手を大きく振ってくれてるのが見えました。

なんて温かくて素敵な人たちなんだろう。



徳島の中の島なのに別世界のようで、
帰りの車の中でも感動に更けり、少し放心していたちびヒサでした。




忙しい毎日でお疲れの人にオススメの場所です。



2013年5月23日付の地元紙には、
『出羽島アート展「9割がまた来たい」』と掲載されてましたよ。

活性化に繋がりそうですね。



私は静かな島の方が好きですが(*^_^*)



出羽島の皆さん、また会いに行くよぉ。このカバンを持って。




長々となりましたが、読んで下さりありがとうございます。




シェービングサロン hisa 

hair salon HISA 




徳島市下町本丁119-2
tel(088)644-2977(予約優先制)

8:30am~7:30pm
バスでお越し下さる方はこちら。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。